忍者ブログ
☆私は 腎不全の保存期21年目の患者です。 ☆腎不全による腎臓の為の 高カロリー低たんぱく低塩分の食事管理を中心に気になった事の日記です☆
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ようこそいらっしゃいませ!
私自身が 腎不全の為食事管理をしております。
始めてのご訪問の方は もしよければ 食事管理のキッカケを読んで頂けると助かります。

2016年10月18日に ブログ名を「低タンパクの食事」から「低たんぱくの食事」に変更いたしました。


PR
12月の通院結果です。

CRE:12.83mg/dl
尿素窒素:56mg/dlでした。

今年も保存期で年を越すことが出来そうです。

BUNが高いのが気になりますが・・・・

カリウムが先月上がってましたが やや落ちてきました。
でも 少し浮腫みが出てきたようなので 利尿剤が処方されました。
利尿剤が不要になるように年末年始の食生活も楽しみつつ気を付けたいと思います。

もうちょっといけるかなぁ~?
そろそろ年賀状の事や大掃除の事を予定始めたりする時期になりました。

掃除に関してはいかに手を抜くかを考えてしまうのですが・・・

年末の本格的に寒くなる前にできる事はやっておいた方がいいことはわかってはおりますが

毎年年末になると反省してしまいます(笑)

今度のお正月には 私は悩んだ結果 ヘルシーネットワークのおせちにする事にしました。



今から楽しみです♪

着荷予定日が一番最後の日を選択しました。

そして 同時に気に入っているミートドリアの冷凍食品も一緒に注文しちゃいました。



折角の送料無料ですから!

ついでに頼んじゃいました♪年末 家にいる時の楽しみにします^^

このミートドリアに レモスコをかけると私好みの味になるので気に入っております。

レモスコは 旅行に行ったときに偶然みつけたレモンを使ったタバスコようなイメージです。

シーフード系と相性がいいと思っております。

地元スーパーでも扱いされるようになってきましたが ちょっと旅行先で購入したよりも高い気がします。

悩むところです~


少しずつできる範囲でこなして 新年を迎えたいと思います!


低たんぱく食品のレトルト食品も結構活用してますし 麺なども利用してます。

調理する時にコンロを占領してしまうので 何かいい方法はないかと思ってました。

そこで 思い切って保温調理器を投入しました!

電気もガスも使わないのでどこででも 保温調理する事ができるのがポイントです。



レトルトを温める時は 専用の鍋にお湯とレトルトを入れて一度火にかけて温めてから そのまま保温しておくだけで温まるのです。

ここが気に入りました。

マカロニや麺も同様の手順で保温で火が入りますが マカロニの場合はちょっと茹でて温めるのとは違う食感になります。簡易版のコンロみたいに使えて今凝ってます(^^♪

この保温調理器で作ったスープを サーモスのスープジャーに入れてランチにもっていっております。活用しまくりです。

今のところ ほぼほぼ同じ味付けですが(笑

凝ると 飽きるまで連日続けちゃうのよね

まだ試行錯誤中ですが 寒くなってくると温かい汁ものはうれしいです♪

11月の通院結果です。

CRE:13.68mg/dl
尿素窒素:57mg/dlでした。

今月は 外食の予定が4回とてんこ盛りでした。
楽しかったのですが 結果はやらかしてますね~

年末まではおとなしく・・・おとなしく・・・

少しでもいい結果になりますように(祈り)
10月の通院結果です。

CRE:11.82mg/dl
尿素窒素:43mg/dlでした。

なかなか 思うように尿素窒素が下がりません・・・

次の検査までの間に 何度か外食の予定が入っております。
上手に楽しみにながらこっそりコントロールできるようにがんばりたいと思います~
昨年・今年と2年連続でインフルエンザにかかり どうなるかと思っていた一年でした。

しかし なんとか保存期20年を10月7日に迎え 21年目に突入できました♪

10月7日は 私が1998年に救急車で運ばれた日です。

実際は その前より じわじわと気が付かないうちに悪くなっていたのだと思いますが自分の目標を定めるために 急性腎不全として救急車に運ばれた日にしてます。

退院する頃は 20年前の時代なので 食事管理をして保存期を目指すという考えが少ない時代でした。

その為 私の急性腎不全が落ち着いてきた頃 カンファランスでは 殆どの先生は透析が妥当とおっしゃってましたそうです。

たまたま担当になってくださった先生だけが「腎不全なので食事管理をして透析をのばしている人もいますが (透析)どうしましょう?」と お話をしてくださいました。

先生にそのお話をされて最初「トウセキ」ってなんだろう?と最初思った事を今も覚えてます。

そのぐらい知識がなかった状況でした。

慌てて 説明の冊子やビデオなどを渡されてどういう病気なのか勉強しました。

そして 先生にお願いをして 食事管理をやってみたいとお話をした事を今も覚えてます。

その先生に今も診ていただいております。



その数年後に 担当の栄養指導の先生がかわり 
風袋引き機能付きデジタルはかりを用意して すべて測り 
「五訂増補食品成分表」にて実際食べたものの計算をする。
なぜ食事療法が必要かの理解を深めるために 出浦先生の「腎不全のわかる本」を読む事を
気長に教えてくださいました。

今では 「五訂増補食品成分表」ではなく栄養管理ソフトを使っておりますが 基本はかわりません。


チャンスを下さった先生 気長にサポートして下さった栄養指導の先生 出浦先生の市民公開講座の情報を教えて下さった方 調理実習に参加させて下さった方 外食する時にでも私にあわせて野菜料理があるお店にしてくれる家族や友達 私がぐだぐだになった時やブログの更新がされてなくなると心配して下さる方々・・・・ みなさんのおかげです!

もうインフルエンザにならないように 更に気を付けてこれからも乗り切りたいと思っております。

この20年を立ち止まって振り返り反省をし またこれからも頑張っていこうと思う一日となりました。



メニューカロリータンパク質塩分
塩にゅうめん276kcal4.0g1.4g

たんぱく質調整そうめんを使って にゅうめんにしました。
普通のにゅうめんではなくて 鶏だしのちょっと中華風だけどあっさりしたにゅうめんです。
冷えてきたので 温かくてつるつる食べやすい。



食塩は 鶏だしの塩分にあわせて調整してます。

そしてたんぱく質は具で調整できます。

動物性たんぱく質の比率も高いのが利点ですが エネルギーが少なめなのでコントロールに注意が必要だと思います。


【手順】
1)器に鶏だし・塩・亜麻仁油(なければごま油等)を入れて ネギは小口切りにしておく。

2)メーカーの指示通りにそうめんを茹でる。

3)1の器にお湯を入れ溶かしておき そこにしっかり水切りをしたそうめんを入れる。

4)お好みで 黒コショウをかける。





<材料メモ>

分量エネルギーたんぱく質食塩相当量
そらまめ食堂 たんぱく質調整そうめん ゆで麺1束160g参考値1束2080.20.0
リケン素材力だし 鶏がらスープ3g110.80.0
食塩1g401.0
あまに油3g2800.0
焼き豚15g262.90.4
長ねぎ 生10g30.10.0
Recipeの覚書 https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1830013345/

そうめん 焼き豚 鶏だし 長ねぎ

お塩の計測って大変なので 0.3g 0.5g 1.0gのお塩のパックを ヘルシーネットワークで購入してます。

先日気が付いたらなくなっていたので 調達しました。

その時にゆめごはんお広告も同封されてました。

パックごはんのセールプラスレトルトカレーが付いてくるキャンペーンをするようです♪




お得ですねぇ~♪

この期間中なら ちょうど注文したい頃です。

チャンスです♪

ヘルシーネットワークurl https://www.healthynetwork.co.jp/
9月の通院結果です。

CRE:12.0mg/dl
尿素窒素:45mg/dlでした。

推定たんぱく摂取量 19.7g
塩分摂取量 6.3g


塩分が多すぎました。
今日から気を付けなければ!

尿素窒素をもっと下げたいし!

もうちょっとで 保存期に入って二十歳になります。

急性腎不全になって保存期スタートになってから 最初の目標は「20年の保存期」でした。

このまま達成ができるようにもうひと踏ん張り頑張りたいと思っております。

まだまだ粘ります~♪
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
かのん
性別:
非公開
自己紹介:
急性で1998年から腎不全とお友達になりました(汗)病気と仲良くこれからの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

料理は苦手なんですが 少しでも美味しく食べれるように頑張りたい。
ブログも初心者ですが よろしくです☆
since 17 July 2005

本サイトの文章・写真等の著作権はかのんにあります。無断転載は固くお断りします。また 栄養計算は自己責任にてお願いします。

☆注意事項☆ ここに記載されている療法等は、私と私が通院している病院の医師・栄養士とで決定した内容です。同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。 わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。ご了承ください。特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。


2012/09/08 最近アダルト系のコメントが急に増えてきましたので コメントの即時表示はしない運用に致しました。
ブログ内検索
最新コメント
[12/18 横畠里佳]
[12/05 あやめ]
[11/30 横畠里佳]
[11/28 あやめ]
[10/25 あやめ]
訪問されてる方は
バーコード
カウンター
Designer by:かのん
Photo Material by:ミントBlueさん
Copyright c [ 低たんぱくの食事 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]