忍者ブログ
☆腎不全による腎臓の為の 高カロリー低たんぱく低塩分の食事管理を中心に気になった事の日記です☆
今日(5月12日)の中日新聞朝刊に「栄養指導で透析回避」の特集が掲載されておりました。

気になる方は是非ご参考下さいませ



これだけ頑張って頂ける栄養指導をして下さる方々の為にも 患者の私としては答えていきたいと思いました。

拍手

PR
出浦先生の書籍 「腎不全がわかる本」の第3版が発売されてます。

私が食事管理を始めた時のバイブルの本でしたが もう3版が・・・



先日 入手をしたばかりで まだ読んでませんが
久しぶりに手にして 心引き締まります!

もう一度じっくり読んで 思い出したいと思います^^


参考URL 日本評論社 http://www.nippyo.co.jp/book/6557.html

拍手

斎藤先生のブログで紹介されていた 「腎不全がわかる本」が欲しくて 探しておりました。

私がよく行く本屋さんでは 見つける事が出来なかったので しょんぼりしておりましたが 昨日やっと手に入れる事が出来ました。

腎不全のわかる本

「腎不全がわかる本 食事療法で透析が遅らせる」という本が私の 病気を理解する為のバイブルでした。

その本が バージョンアップされて発売されていたのです!

まだまだ読み始めですが 最初のページから「ドキッ」とさせられるお話から始まっていて こらから読むのが楽しみな本です。

新たな 私のバイブルになりそうです^^

最近 食事管理が甘くなってきてたので また新たに気持ちを引き締められる思いで読んでおります


出版社サイト: http://www.nippyo.co.jp/
その説明ページ: http://www.nippyo.co.jp/book/5334.html

拍手

ネットにつなぐ事が出来ない間に 時代は進んでいたんですねぇ(^_^;)

でんぷん製品 実習用キットなる物が出来ているんですね。

私も最初は「でんぷん製品」という響きに抵抗があったものでした。(遠い目)

コースは3つあるようで 初級コース 中級コース 上級コースとあり それぞれのでんぷん製品をマスターしていくカリキュラムになっているようです。

レシピ本(腎臓病のための低たんぱくレシピ)と実際のでんぷん製品のセットになっているので 挑戦しやすそうですね^^b

実はこの本私ももってますが 材料の計測の方法からしっかり説明がしてあって お勧めの本なんですよね。

詳細については こちらをご参照下さい。
斎藤先生のブログ:
             http://blog.livedoor.jp/bimi_ikiiki_kurabu/archives/51396396.html
            腎臓病の低たんぱく食・でんぷん製品 自習用キット Part 2
             http://blog.livedoor.jp/bimi_ikiiki_kurabu/archives/51397282.html

腎臓病のための低たんぱくレシピ

拍手

普段パンはそれほど食べておりませんが 「きょうの料理」の表紙に引かれて購入したんです。

雑誌の後半に「腎臓病のための低たんぱくレシピ」の宣伝が入っておりました。

詳しく読んでみると 出浦先生と樋口先生の本ではありませんか!

どうしようか迷ったのですが 思い切って注文しました

腎臓病のための低たんぱくレシピ

計測方法の基本から でんぷん製品の調理法について写真入りで解説してありました。

これは 初心者の方にもわかりやすくていい本だと思いました。

私には でんぷんパンミックス粉を使ってオーブンレンジで焼く方法にとっても興味を持ちました。パン焼き機を持っていないので 魅力的に感じました!


気になる方は 出版会社のサイトをどうぞ♪ → http://www.nhk-book.co.jp/index.html

拍手

なんとなくネットで検索したら 2007年に新しい「調理のためのベーシックデータ」が出版されていたではありませんか!!

調理のためのベーシックデータ

ご存知の方も多いと思いますが・・・

素揚げ・てんぷら・フライそれぞれによく利用する食材毎の吸油率がわかったり 煮物の塩分もわかる とっても便利な本!

食事管理に力を入れ始めた時に 栄養指導の時に 先代のこの本と食品成分表を教えてもらって かなり勉強になりました。
病気になって食事管理が必要になるまでは 殆ど料理に興味がなかったので 食材の下処理まで書いてありかなり助かりました。

今から この本が手に入るのが楽しみです。
どこか変わった所はあるのかなぁ?^^


【目次】(「BOOK」データベースより)

部位・調理別肉の脱脂肪によるエネルギーカット率/揚げ物の吸油率/料理別油の使用量/サラダのドレッシングと油の付着率/調理別塩分の使う量と食べる量/ビタミン類、無機質類の含有量/野菜のビタミン変化と比較/食品の概量(目安量)/食品の廃棄率/材料の下処理法〔ほか〕

拍手

去年出版された本ですが やっと入荷されたので購入できました。

腎臓病 たんぱく質30gの献立集

私の制限も今 エネルギー1600kcal たんぱく質30g 塩分5gなので とても参考になりました
そう 自分が食べている「量」が多いからカロリーオーバーになるのがはっきりわかりました。パスタ麺は私は1食100gで食べていますが どうも80gが一般的なんですね(^_^;)
(お腹が空いている時は120g食べているなんて言えません)

見ていると色々参考になります。
またまだ頑張れます♪

参考
 女子栄養大学出版部 :http://www.eiyo21.com/

拍手

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21
23 24 25 27 28 29
30
プロフィール
HN:
かのん
性別:
非公開
自己紹介:
急性で1998年から腎不全とお友達になりました(汗)病気と仲良くこれからの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

料理は苦手なんですが 少しでも美味しく食べれるように頑張りたい。
ブログも初心者ですが よろしくです☆
since 17 July 2005

本サイトの文章・写真等の著作権はかのんにあります。無断転載は固くお断りします。また 栄養計算は自己責任にてお願いします。

☆注意事項☆ ここに記載されている療法等は、私と私が通院している病院の医師・栄養士とで決定した内容です。同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。 わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。ご了承ください。特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。このブログにはアフィリエイトはありません。


2012/09/08 最近アダルト系のコメントが急に増えてきましたので コメントの即時表示はしない運用に致しました。
ブログ内検索
最新コメント
[04/26 Taka@青葉台]
[03/17 くろすけ]
[03/15 kisa]
[03/06 Taka@青葉台]
[03/01 Taka@青葉台]
訪問されてる方は
カウンター
バーコード
Designer by:かのん
Photo Material by::ミントBlueさん
> Copyright c [ 低たんぱくの食事 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]