忍者ブログ
☆腎不全による腎臓の為の 高カロリー低たんぱく低塩分の食事管理を中心に気になった事の日記です☆
[424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [412]  [415

名古屋では珍しく調理実習をされている病院があると教えてもらったので 今日行ってみました。

調理実習は平日のみなので GWはチャンス!ですよね。 

メニューは ドライカレー・ポテトサラダ・スープ・フルーツ寒天でした。

みんなで 作ってから栄養士から説明と質疑応答があり 食べてお片づけをして帰ってきました。
こちらの調理実習は 一日のエネルギー1750kcal たんぱく質40g 塩分6gが前提で ご飯も普通のご飯を利用してのメニューでした。

私も制限がもっとゆるい時ならよかったのでしょうけど・・・
詳しく電話やメールで確認をしなかった私が悪いのですが 今の私には 厳しい食事かな。
ドライカレーと聞いていて 勝手にでんぷん米の上手な使い方を期待していただけに ちょっと残念でした

フルーツ寒天を作っていた方が砂糖と塩を間違えて 塩スイートになってしまって こっそりウケていました(^_^)



ちょっと気になったのが 人数分作ったカレーピラフやポトトサラダやスープを 目分量で分けていましたが 私は抵抗がありました。
目分量で分けるのって普通なのかなぁ?
ちゃんとある程度同じ重さになるように測った方がいいように思えて ここに「あれ?」と思いました。



後 一人150gのごはんの予定だったようですが 計測してみたら一人分のご飯が足りなかったんだけど・・・何グラムで計算すればいいんだろ?
確認するのを忘れてしまいまいした><

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
5/10東京行きはあきらめました。ようやく体重を最低限に押さえていますが、どうも体がいたく仕方なく(筋肉や脂肪が全く落ちてしまったためにお尻が痛くて座ってられないし体を起こしていること自体しんどくて仕方ない毎日から解放されないからです。体力があまりにも落ちていると実感、しゃがみ込んだら立ち上がれないし、暖かくなってきたのに血圧も体温も上がらないため(座居血圧が上がやっと60代後半で下はほとんどわからない)立ちくらみやめまいがひどいのですわ(泣)とほほ。主治医のいる病院の栄養部にいろいろと二・三年前から頼んでいるのですが、公的機関の病院はなかなか調理実習とか講習会とかできないみたいなんです。いいなあ、いい経験で来ましたね♪
osuda 2008/05/02(Fri)01:16:30 編集
osudaさんへ
私が通院している病院でも なかなか実現が難しいようなんです><

昨日は調理実習から帰ってきて 父の病院にいって帰宅したら 想像以上に疲れていてびっくりしていました。

osudaさんの体調がよい時に 東京ならチャンスがありそう!
まずは少しでもよい状態になる事を願っております^-^
めまいや立ちくらみがあると 気持ち的にも不安になりますよね><
【2008/05/02 09:52】
調理実習
調理実習って個人個人の制限に合わせられない場合が多くてちょっと微妙ですね(><
それでも色々参考になる作り方(応用できる作り方)があるとアレンジできるかも??

それにしても・・・塩と砂糖を間違えたら腎臓病患者にとっては致命的だー(苦笑)
華好 URL 2008/05/02(Fri)10:21:27 編集
華好さんへ
調理実習内容をしっかり確認しなかった私のせいですよね(^_^;)

一応 万が一たんぱく質が多いといけないと思って 朝食をぐっと抑えておいて正解でした^^
【2008/05/02 16:54】
料理教室
通院していない人でも参加させてもらえるんですね~(^^)。自分の通院病院の料理教室に参加しましたが、うちは通院してる患者のみ対象です。多分もう行かない・・かも(^^;
やっぱり盛り付けとか大雑把でしたよ。糖尿病からの腎症患者さんもおられたので、エネルギーも控えめでした。いろんな制限値の患者さんが集まるから、ある程度は仕方ないかな~とは思いますが。
でも、蛋白制限40gって結構緩い制限の人向きですね。ごはんが普通のごはんって、いい加減な私でも考えられないです~~><
笑花 URL 2008/05/02(Fri)21:16:01 編集
笑花さんへ
病院の調理実習だと 食事管理を始めた方にコツなどを指導するのが目的なのが多いのかもしれませんね
最初から厳しいとやらなくなってしまうのが一番困るでしょうしねぇ(^_^;)

【2008/05/03 14:25】
患者会はありますが・・・
こんにちは かのんさん。

私の通院している大学病院には、腎不全の患者会があるので(腎不全食)の食事会は年に1回は、ありますが、調理実習は私が会員になってから(6年以上)1度もありません。

調理実習している病院って、名古屋だけに限らず
全国的にも最近は珍しくなっているように思います。糖尿病の調理実習はかなり多くの施設で実施されているみたいなので、腎不全食は個人個人の制限がかなり広いため、どこを標準にしたら良いか点ポイントを決めるのが専門家でも難しいからなのだと(私は)思っています。40gの制限だったのは、最近は(エビデンスの結果に基づき)腎臓病学会が、蛋白摂取量を以前よりゆるくしている影響が反映された結果だと私見ですが、そう思います。

医療側もエビデンスから得られた結果で判断しなければならないので仕方がないといえば、それはそれで間違ってないのかもしれませんし、それを
承知で、もっと厳しい蛋白制限を実践するのは、自己管理でするしか仕方がないのかも・・・・。

かのんさんはきっちり自己管理して食事療法されているので問題はないと思いますが、ここ数年、成り行き任せになりつつある私の食事療法が、そういう意味では1番危険であることは自覚していますし、何とかしなくては進行の抑制が無理だとも思っています。「継続は力なり」と言うこと大事だと思いますので、私も初心に帰る時期を模索し始めています。

かのんさんは、その基本を持続されているのでブログ読ませてもらい、すぐにでも実効しなければ
とその度に思っています。思っているだけではダメなので、早く行動を起こしたいと思います。

長文すみません。それといつもありがとうございます。
ついくじけてしまう(弱い私の)心に頑張ろうという気持ちを思い起こさせてくれて!
こう URL 2008/05/06(Tue)18:13:42 編集
こうさんへ
私は結構誘惑に弱いタイプなので ブログを始めた事でモチベーションも上がり コメントを下さる方のコメントで私も元気になっています!

これからもコツコツとやっていきましょう♪
【2008/05/07 22:40】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
かのん
性別:
非公開
自己紹介:
急性で1998年から腎不全とお友達になりました(汗)病気と仲良くこれからの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

料理は苦手なんですが 少しでも美味しく食べれるように頑張りたい。
ブログも初心者ですが よろしくです☆
since 17 July 2005

本サイトの文章・写真等の著作権はかのんにあります。無断転載は固くお断りします。また 栄養計算は自己責任にてお願いします。

☆注意事項☆ ここに記載されている療法等は、私と私が通院している病院の医師・栄養士とで決定した内容です。同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。 わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。ご了承ください。特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。このブログにはアフィリエイトはありません。


2012/09/08 最近アダルト系のコメントが急に増えてきましたので コメントの即時表示はしない運用に致しました。
ブログ内検索
最新コメント
[09/21 Taka@青葉台]
[09/11 Taka@青葉台]
[08/30 Taka@青葉台]
[08/07 みっち]
[08/06 あやめ]
訪問されてる方は
カウンター
バーコード
Designer by:かのん
Photo Material by::ミントBlueさん
> Copyright c [ 低たんぱくの食事 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]