忍者ブログ
☆私は 腎不全の保存期21年目の患者です。 ☆腎不全による腎臓の為の 高カロリー低たんぱく低塩分の食事管理を中心に気になった事の日記です☆
[325]  [324]  [322]  [323]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315
病院の帰りに 学生の頃からの友達とバイキングに行ってきました。

あの 「ラ・ベットラ」落合務シェフプロデュースのイタリア料理をブッフェスタイルで食べれるという企画が開催されていたので行ってきました。

友達2人で ワイン1本を呑みながら 思いっきりしゃべりながら 食べまくってきました。

朝から調整はしていましたが どう考えてもオーバーしてます。
でも とっても心が満足したので いいんです。

 

観光ホテル夕食


色々な意味で満足できた時間がもててとても楽しかったです。

そして今日も調整日にしました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
たまにはいいですよね、切れ食い☆
栄養士さんも、たまには解禁日を設けるべきだって
言ってくれてます。(食事療法を長く続けるために)
たまーに思いきりオーバーするよりも、毎日
少しずつオーバーの方が腎臓には悪いみたい。
こういう日の朝食ってどうしてますか?
(私は越後パン+紅茶です)

BUN、10台は嬉しいですよね。
私も20を切ることは滅多にありません。
kisa URL 2007/11/09(Fri)15:21:10 編集
kisaさんへ
昨日の夕飯だけで かなり食べたので 朝食はご飯にお茶をかけただけに(^-^;
本当は 野菜のラップサンドと紅茶にしようかなぁと思ってましたが胃に余裕がなかったのです。昼食の時間になってもお腹が空く事はなかったですが 流石に昼食は不安でしたので ちゃんといつもの量を食べました(^_^;)
【2007/11/09 16:55】
無題
心が満たされたなら、それは良い食事だったんですよ♪満足というのは、味や栄養だけじゃなくて食事をともにした人との時間、というのが大きいのだと私は思います。食べるって、摂食することだけに思われがちだけれど、実は環境や一緒に食べる人、雰囲気がものすごく左右されてしまうものだと思うんです。だから、人間何千回と食事するけれど、満足いくというもの本当に数少ないのではないかしら。よかったですね(笑)前後、やさいばっかりメニュー(笑)なんて踏ん張ることにして、よしとしましょ。そうそう、宴会食食べなくちゃ行けないとき、この前購入した30g献立集では朝、晩と主食はでんぷん関係で野菜中心でした(^^)
osuda 2007/11/09(Fri)17:16:51 編集
osudaさんへ
ホントにそうですね^^
調整を今頑張っていますが とても気分が今もいいです^^

30g献立集はNHK出版のですか?
【2007/11/10 11:43】
無題
はじめまして♪
バイキング(・∀・)イイですよね。
イタリア料理のバイキングだとパスタとかピザですかね。
リス URL 2007/11/10(Sat)13:32:34 編集
リスさんへ
初めまして^^

落合務シェフのお店のスタイルなのでピザはなかったですよ^^
バイキング形式のイタリアンのコース料理を食べている感じです。
【2007/11/12 11:39】
無題
いえいえ、女子栄養大学出版から先月出ました。腎臓病たんぱく質30gの献立集というものです。手に取ってみてみてくださいな。結構、使えます♪
osuda 2007/11/10(Sat)21:47:04 編集
osudaさんへ
本屋さんに行った時に気をつけてみてみます^^
【2007/11/12 11:40】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
かのん
性別:
非公開
自己紹介:
急性で1998年から腎不全とお友達になりました(汗)病気と仲良くこれからの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

料理は苦手なんですが 少しでも美味しく食べれるように頑張りたい。
ブログも初心者ですが よろしくです☆
since 17 July 2005

本サイトの文章・写真等の著作権はかのんにあります。無断転載は固くお断りします。また 栄養計算は自己責任にてお願いします。

☆注意事項☆ ここに記載されている療法等は、私と私が通院している病院の医師・栄養士とで決定した内容です。同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。 わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。ご了承ください。特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。


2012/09/08 最近アダルト系のコメントが急に増えてきましたので コメントの即時表示はしない運用に致しました。
ブログ内検索
最新コメント
[07/08 あやめ]
[06/29 あやめ]
[06/05 あやめ]
[05/27 kurop]
[05/26 Taka@青葉台]
訪問されてる方は
バーコード
カウンター
Designer by:かのん
Photo Material by:ミントBlueさん
Copyright c [ 低たんぱくの食事 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]