忍者ブログ
☆腎不全による腎臓の為の 高カロリー低たんぱく低塩分の食事管理を中心に気になった事の日記です☆
[329]  [330]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [322]  [323]  [321]  [320

急にとっても納豆が食べたくなったので 朝食は納豆定食にしました。

納豆定食

〆に熱いお茶を飲むと 日本人でよかったなぁと思います。(大げさですが)

今日は 納豆+ねぎ+げんたつゆ+からし と シンプルにして納豆を満喫しました。

最近の納豆売り場を見ていると どこの産地の大豆かを明記したのが多いですね。商品名に「国産」と入ってる納豆もありますね。
商品名に「国産」と書いてあるから 原材料の大豆が100%が国産と限らないのでもちろん確認してます。

納豆を混ぜる幸せを感じた朝食でした~♪

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
私は東育ちなのに、納豆まるっきりだめなんです>家族の中で私だけ。関西に越してきてから納豆が食べれるようになりました。だってひきわり・超小粒・におい控えめ。やっとこさちょこっと。それでも苦手なので大根おろしや薬味をどば!実はお酢を入れると粘らなくなるのでもっぱら二杯酢かな(笑)>納豆♪超小粒国産大豆ってほとんどないので今困ってます(泣)
osuda 2007/11/16(Fri)22:45:48 編集
osudaさんへ
納豆好きにはたまらないあの匂いと粘りですが あれが苦手なんでしょうねぇ。
粘りを楽しむ為に沢山練りますが 苦手な方は練らない方がよさそうですね><
【2007/11/18 12:14】
無題
いいすね~納豆♪
熱々ご飯にかけるのもいいんですがカレーに入れて食べるのがおいしいんですよ!納豆カレーははまると出られなくなるくらいおいしいです(笑)
sato URL 2007/11/16(Fri)23:03:50 編集
satoさんへ
satoさんやりますねー!
納豆カレーにピザ用チーズを入れると更に美味しい&のび~る粘りがたまりませんよ!!!
病気で倒れる前に ココイチに行くとトッピングはいつも納豆とチーズでした。よく「えー?!」って言われてましたが みんな一口食べたら虜ですよ。(私の場合は)
【2007/11/18 12:17】
無題
納豆って特別好きでもないんですけど、この画像見たら無性に食べたくなりました(笑)
リス URL 2007/11/19(Mon)13:29:05 編集
リスさんへ
私も思い出したように食べたくなる時があります。
食べる時は思いっきり楽しんでください^-^
【2007/11/20 17:16】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9
11 12 13 16
18 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
かのん
性別:
非公開
自己紹介:
急性で1998年から腎不全とお友達になりました(汗)病気と仲良くこれからの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

料理は苦手なんですが 少しでも美味しく食べれるように頑張りたい。
ブログも初心者ですが よろしくです☆
since 17 July 2005

本サイトの文章・写真等の著作権はかのんにあります。無断転載は固くお断りします。また 栄養計算は自己責任にてお願いします。

☆注意事項☆ ここに記載されている療法等は、私と私が通院している病院の医師・栄養士とで決定した内容です。同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。 わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。ご了承ください。特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。このブログにはアフィリエイトはありません。


2012/09/08 最近アダルト系のコメントが急に増えてきましたので コメントの即時表示はしない運用に致しました。
ブログ内検索
最新コメント
[06/22 Taka@青葉台]
[06/18 あやめ]
[06/17 Taka@青葉台]
[05/11 三憂]
[04/26 Taka@青葉台]
訪問されてる方は
カウンター
バーコード
Designer by:かのん
Photo Material by::ミントBlueさん
> Copyright c [ 低たんぱくの食事 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]