忍者ブログ
☆腎不全による腎臓の為の 高カロリー低たんぱく低塩分の食事管理を中心に気になった事の日記です☆
[268]  [266]  [265]  [263]  [262]  [261]  [259]  [260]  [258]  [257]  [256
エネルギー制限が1800kcalだったのが 1600kcalになったというのにやめれないおかきがあります。
mamemoti.jpg1枚当たり エネルギー43kcal たんぱく質1g 食塩相当量0.15gです。
普通の豆の入ったお菓子よりもエネルギーもたんぱく質も塩分も少なめになっています。
それだけ ふわっとしているおかきなんです。

岩塚製菓の大袖振豆もちというおかきなんですが ふわっとしていますが 1枚食べると「食べた!」という気になれます!

今 この食塩相当量とたんぱく質に惚れています。









拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お菓子、癖になりますよねー
初めてコメントさせていただきます。
私は慢性腎不全の34歳の女です。
いつもかのんさんのブログを拝見させていただきながらも、なかなかコメントする勇気が出ませんでしたが
今日思い切ってコメントしてみました!

さて、私も低蛋白食の身でありながらお菓子が大好きで困りながらも、日々低蛋白お菓子を発掘しています。

今回紹介されていたおかきは初めて見ました。
「食べた!」という気・・・これって重要ですよねー。
以前紹介されていた「ジャガビー」も大好物です。

最近見つけたのはブルボンのプチシリーズの
「えびせん」が1袋(何枚入りかは数えたことないです・・・)で蛋白0.4でした!
塩分も1袋で0.48gです!
よろしければ一度試してみてくださいね♪
あらぱん 2007/08/03(Fri)11:28:38 編集
あらぱんさんへ
始めまして!!!

コメントを頂けると 私は喜ぶので 嬉しいです^^

ブルボンのプチシリーズは気になっていた所でした!「えび」だからと思っていましたがタンパク質0.4gだったんですね^^
かのん 2007/08/03(Fri)20:53:30 編集
無題
この種のおかしには非常に弱いです
透析中もがっつり食べてました。一個だけがあと一個・・・・もう一個・・・やめられなくなって・・なんでも食べすぎはよくないですね。
sato URL 2007/08/03(Fri)22:38:52 編集
satoさんへ
気持ちわかります~
がっつり食べたいですよね><

私の場合9は 計算上一日に1~2枚が限度なので我慢の日々です。
かのん 2007/08/03(Fri)23:44:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
かのん
性別:
非公開
自己紹介:
急性で1998年から腎不全とお友達になりました(汗)病気と仲良くこれからの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

料理は苦手なんですが 少しでも美味しく食べれるように頑張りたい。
ブログも初心者ですが よろしくです☆
since 17 July 2005

本サイトの文章・写真等の著作権はかのんにあります。無断転載は固くお断りします。また 栄養計算は自己責任にてお願いします。

☆注意事項☆ ここに記載されている療法等は、私と私が通院している病院の医師・栄養士とで決定した内容です。同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。 わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。ご了承ください。特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。このブログにはアフィリエイトはありません。


2012/09/08 最近アダルト系のコメントが急に増えてきましたので コメントの即時表示はしない運用に致しました。
ブログ内検索
最新コメント
[07/02 あやめ]
[06/22 Taka@青葉台]
[06/18 あやめ]
[06/17 Taka@青葉台]
[05/11 三憂]
訪問されてる方は
カウンター
バーコード
Designer by:かのん
Photo Material by::ミントBlueさん
> Copyright c [ 低たんぱくの食事 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]