忍者ブログ
☆私は 腎不全の保存期21年目の患者です。 ☆腎不全による腎臓の為の 高カロリー低たんぱく低塩分の食事管理を中心に気になった事の日記です☆
[721]  [720]  [719]  [718]  [717]  [716]  [715]  [713]  [712]  [711]  [710
メニュー カロリー タンパク質 塩分
6品目の野菜炒め(1個あたり) 45kcal 1.8g 0.2g

冷蔵庫にある野菜をとにかく同じ大きさにカットして 炒めただけです。

でも 毎朝色々な食材を計測してカットして炒めるのって意外と苦痛になる時があるんですよねぇ。なので 冷凍で作ってみました。

キャベツが入っているんですが、、、、大丈夫なのかなぁ?

それと玉ねぎも入れて 7品目にする予定だったのに 入れ忘れたのはナイショです。

10品目ぐらいの野菜炒めがで出来たら 毎日楽なのになぁ(遠い目)

しめじのポン酢あえ

  1. 材料を同じ位の幅に すべてカットする。
  2. 熱したフライパンに油を入れ炒めて 火が通ったら調味料を入れる

    片栗粉をほんの少しですが入れておくと 汁が垂れにくくなるのでお勧めです♪ 

特に調味料はメーカー毎に違いがあるのでご確認おねがいします^^
そうでなくても 一度計算しなおしてくださいね。又 違っていたら教えてくださいね♪
 

【6品目の野菜炒め】
6品目の野菜炒め 分量(g) エネルギー(Kcal) たんぱく質(g) 食塩相当量(g)
生しいたけ 生 23 4 0.7 0
ピーマン 生 32 7 0.3 0
パプリカ(黄ピーマン) 64 17 0.5 0
キャベツ 生 94 22 1.2 0
にんじん 皮付き 生 15 6 0.1 0
ぶた 大型 ロース 脂身つき 26 68 5 0
ごま油 5 46 0 0
日本酒 6 7 0 0
減塩5%しょうゆ 5 35 0.5 0.3
Cook Do オイスターソース 5 7 0.5 0.6
馬鈴薯でん粉 2 7 0 0

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なるほど!
毎日のお弁当って本当に悩みますね。
同じようなメニューでマンネリ気味なんで
かのんさんのパクってみようかと^^
汁垂れには片栗粉ですか!
早速やってみようっと♪
ちなみにボクはエネルギーアップしたいので
アプロテンのパスタをよく使います。
TAKA 2010/02/07(Sun)21:02:07 編集
お勧めです^^
片栗粉はお勧めですよ~^^

片栗粉を入れ過ぎるとあんかけ状態になってしまうので その辺りはお好みで加減してみてくださいませ!

お互いにお弁当作りも頑張りたいですよね^^
【2010/02/08 07:19】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
かのん
性別:
非公開
自己紹介:
急性で1998年から腎不全とお友達になりました(汗)病気と仲良くこれからの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

料理は苦手なんですが 少しでも美味しく食べれるように頑張りたい。
ブログも初心者ですが よろしくです☆
since 17 July 2005

本サイトの文章・写真等の著作権はかのんにあります。無断転載は固くお断りします。また 栄養計算は自己責任にてお願いします。

☆注意事項☆ ここに記載されている療法等は、私と私が通院している病院の医師・栄養士とで決定した内容です。同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。 わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。ご了承ください。特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。


2012/09/08 最近アダルト系のコメントが急に増えてきましたので コメントの即時表示はしない運用に致しました。
ブログ内検索
最新コメント
[12/18 横畠里佳]
[12/05 あやめ]
[11/30 横畠里佳]
[11/28 あやめ]
[10/25 あやめ]
訪問されてる方は
バーコード
カウンター
Designer by:かのん
Photo Material by:ミントBlueさん
Copyright c [ 低たんぱくの食事 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]