忍者ブログ
☆腎不全による腎臓の為の 高カロリー低たんぱく低塩分の食事管理を中心に気になった事の日記です☆
[1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010]  [1009
本日は通院日でした。

アルブミン:4.3g/dl
CRE:4.72mg/dl
血中尿素窒素:27mg/dl

そして

検査結果から推定されるたんぱく質と塩分摂取量は
たんぱく質 22.02g
塩分 4.06g

でした。

ここ最近 キチンと食事管理をしていなかったツケが回ってきたと思います。

おとといやる気になったんだけどなぁ・・・・

ちょっと遅かったようです^^;

まぁ 来週より今日から!

主治医の先生が 退職されて開業する事になり動揺が隠せませんが 今後の事もお話して決めてきました。

決めたのはいいけど

花粉アレルビーのお薬セット出してもらうの忘れた!!!!

最近すぐ忘れちゃってダメねぇ・・ 市販の点鼻と点眼を必要になったら購入するかな

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして
 はじめまして、こんにちは。
主人が慢性腎不全で2010年5月頃から、低たんぱく食品で食事療法になり、文句を言われながら試行錯誤で調理しています。
最近では、あんまり文句を言わなくなりましたが・・・

 cre 尿素窒素の検査結果からたんぱく質と塩分摂取量はどのように計算するとわかるものなんですか? 不思議です。

 担当の先生がかわるって不安ですね・・・主人も経験があります。月2回の外来で、1回だけが他の先生にかわって、薬も変わり3週間後の血液検査で肝臓機能が悪くなり、腎臓がもっと悪くなってしまい現在に至ってます。でも、今考えるとあの時があったから、今があると思います。

 グンプンマカロニやわらかくって、美味しそうですね。かんのさんのブログを見て、早速注文しました。マカロニグラタンを久しぶりに作って食べたいです!

ランディーのまま 2012/03/30(Fri)16:29:34 編集
書き込みありがとうございます!
初めまして!

書き込みありがとうございます。
ご主人の為に食事管理をされていらっしゃるなんてすごいですね!
ご主人の好きなものを作ってあげたい気持ちもきっとあると思うので 献立を決めるのも大変ではないかと想像しております。

私なんかは自分の為だけなので 連日同じような食事でも平気ですし失敗しても我慢して食べればいいんですもの

食事療法とはなが~いお付き合いになりますので これからもよろしくお付き合いお願い致します☆
【2012/03/31 16:21】
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
かのん
性別:
非公開
自己紹介:
急性で1998年から腎不全とお友達になりました(汗)病気と仲良くこれからの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

料理は苦手なんですが 少しでも美味しく食べれるように頑張りたい。
ブログも初心者ですが よろしくです☆
since 17 July 2005

本サイトの文章・写真等の著作権はかのんにあります。無断転載は固くお断りします。また 栄養計算は自己責任にてお願いします。

☆注意事項☆ ここに記載されている療法等は、私と私が通院している病院の医師・栄養士とで決定した内容です。同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。 わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。ご了承ください。特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。このブログにはアフィリエイトはありません。


2012/09/08 最近アダルト系のコメントが急に増えてきましたので コメントの即時表示はしない運用に致しました。
ブログ内検索
最新コメント
[05/11 三憂]
[04/26 Taka@青葉台]
[03/17 くろすけ]
[03/15 kisa]
[03/06 Taka@青葉台]
訪問されてる方は
カウンター
バーコード
Designer by:かのん
Photo Material by::ミントBlueさん
> Copyright c [ 低たんぱくの食事 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]