忍者ブログ
☆腎不全による腎臓の為の 高カロリー低たんぱく低塩分の食事管理を中心に気になった事の日記です☆
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236

最近 低たんぱく米(炊飯用)の種類が増えてきてますよね。
そこで 食べ比べてみようと思い 越のげんた米を注文してみました。
お米130gで1袋に入ったのが10袋入っています。

一袋130gと水130gとクッキングサプリFe1袋を早炊で炊いてみました。
色は普段食べている1/12.5越後米粒タイプとかわりませんね。匂いはメーカーによって違うようです。
1/12.5越後米粒タイプよりももちっとした食感がしました。
一袋130gで炊くと お茶碗1.5杯分程度あり カレーや丼の時に丁度いい分量ぐらいかなぁと思われました。

どうして一袋130gなのかよくわかりませんが、、、一袋で約400kcalになります。 

この日は ご飯と豚冷しゃぶともずく酢定食でした。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こうです。

私も越のげんた米炊いたことありますが、どうも口に合わず、今も消費期限がきれた小袋ほとんど
残っており処分に困っています。
人それぞれ好みが分かれるみたいで、色々試してみましたが、私にはパックご飯が一番あっているみたいです。

ところで、一袋130gですが、越のげんた米1度炊いてあるので、普通の米より水分含量が多く米自体がもらくなっていて、260g(2袋)以上炊飯器では炊くことが出来ないそうです。
普通米は1合が140gなので、2合では280g・・・
そのまま炊くと釜の下の米(部分)がつぶれてしまうので、普通米と区別するためにそれで2袋まで炊けるということで1袋130gにしていると私は(自分なりに)解釈していました。
つたない説明でわかりづらくてすみませんが、要は普通米と同様の炊き方をふせぐために、130gになっているみたいです。
ちなみに普通米は1合140gに対して加水量1.5倍
(210ml)ですが、越のげんた米は1袋(130g)当たり160mlの加水量だとメーカーからメールで返答もらったことあります。
こう 2007/06/29(Fri)03:15:47 編集
こうさんへ
水の加減はいつも食べている1/12.5越後米粒タイプと同じ配分で炊いてみました~
お水の比率やトレハロースを入れてみたり最初は試行錯誤をかなりしました。好みってありますよね。
主食は制限の中で自分にあったのが一番ですよね。種類が増えてきた事は嬉しい事です^^
かのん 2007/06/29(Fri)10:47:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
かのん
性別:
非公開
自己紹介:
急性で1998年から腎不全とお友達になりました(汗)病気と仲良くこれからの人生を楽しく過ごしたいと思っています。

料理は苦手なんですが 少しでも美味しく食べれるように頑張りたい。
ブログも初心者ですが よろしくです☆
since 17 July 2005

本サイトの文章・写真等の著作権はかのんにあります。無断転載は固くお断りします。また 栄養計算は自己責任にてお願いします。

☆注意事項☆ ここに記載されている療法等は、私と私が通院している病院の医師・栄養士とで決定した内容です。同じことをしても同じ結果になるとはかぎりません。療法等はご自身とご自身のかかっている病院・医師との合意の判断で行ってください。 わたしの記事に一切関係がないと感じられるトラバ&コメントは削除させていただくことがあります。ご了承ください。特にアダルト系と思われるトラバやコメントは全てお断りさせていただきますし、全て削除させていただきます。このブログにはアフィリエイトはありません。


2012/09/08 最近アダルト系のコメントが急に増えてきましたので コメントの即時表示はしない運用に致しました。
ブログ内検索
最新コメント
[07/02 あやめ]
[06/22 Taka@青葉台]
[06/18 あやめ]
[06/17 Taka@青葉台]
[05/11 三憂]
訪問されてる方は
カウンター
バーコード
Designer by:かのん
Photo Material by::ミントBlueさん
> Copyright c [ 低たんぱくの食事 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]